Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鳩羽つぐとは何者か?謎が多すぎるがファンは急増!?その理由を考察?

バーチャルYoutuber

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。
 
 
皆さん!鳩羽つぐさんをご存じですか?

バーチャルYoutuber登録者増加数ランキング(2018年5月15日)で、

キズナアイ、エルフのえる、輝夜月さんたちを抜き去りトップに出現しました。

自称、西荻窪に住む少女バーチャルYoutuberと名乗っておりますが、

その自己紹介動画が、これまでの常識を覆すような、何と表現したらいいのか?

「とても質素すぎる」画像になっていながら、登録者は、瞬間トップで、

視聴回数も100万人をすぐに超えようとする勢いなのです。

ここでは、そんな鳩羽つぐさんの全貌に迫ってみました。

スポンサーリンク

鳩羽つぐさんのプロフィール?

◆ 鳩羽つぐ(はとはつぐ)

◆ 誕生日:不明(?歳)

◆ 職業:バータルYoutuber

◆ 声優:不明

◆ デザイン:LM7(エルエムナナ)

◆ YouTube開始:2018年2月?日~

◆ フォロワー数:74,709人

◆ 視聴回数;999,145 回(2 か月前)

◆ タグ:#鳩羽つぐ、

◆ 公式:YoutubeTwitter

スポンサーリンク

鳩羽つぐさんの特徴は?

アッシュブロンドの髪に制服のような洋服と帽子を身に着けた、

どこか儚げな雰囲気の小学生くらいの少女です。

八重歯と左目の泣きぼくろがチャームポイントのようです。

初めてYouTubeに投稿された動画を上記に示しましたが、

エドワード・エルガー作曲のピアノ曲『愛の挨拶』をバックに、

はにかむように笑いながら自己紹介をする様子が映し出されている。

この曲は、バックミュージックとしても静かで、なんとも癒されるのです。

おそらく多くのファンの最初の印象はここだったと思います。

何も語らず、曲だけが長い時間流れるのです。

そして、この動画中で「西荻窪に住んでいます」といいお辞儀をするのです。

手を振って、お辞儀をして「おわり」とだけ言いうという企画です。

どことなく動画内に漂う退廃的な雰囲気が味方してか、

一本目の動画を出した時点で新人としては破格の人気を獲得したのです。

トークや交流を盛んに行うことの多いバーチャルYoutuberの中にあって、

カメラに向かって一言二言発するだけ、という鳩羽つぐは異質な存在ともいえるが、

そうした面が視聴者の想像力を掻き立て、注目を集める要因ともなっている。

なんと、チャンネル開設から約3ヶ月後の2018年5月11日に、チャンネル登録者数が10万を突破した。

第二・三作目は?

2作目:繁華街の路地裏(?)で動画を撮るつぐ。車の音でその声はほとんど聞き取れない。


3作目:雨の中傘を差して動画を撮るつぐ。雨音でその声はほとんど聞き取れない。

第四作目は?

第四作目は、今度は普通にYouTubeに投稿されたがこれも言葉がないのです。

Twitterには「宿題で撮りました」という文章が添えられている。

その内容は、パジャマ姿でカメラをセットしてから

「窓の外を覗く・歯を磨く・朝食を食べる・歯を磨く」という何の変哲もない日常。

発した言葉も、最後の「終わりです」の一言のみ。これまた1分17秒と短い。

やはりというか、動画の意図はまるで見えてこない。

咀嚼音や納豆をかき混ぜる様子は非常に可愛らしい。

……だが、

「鏡を撮っているはずなのに泣きぼくろの位置が反転していない」

「明らかにつぐのものではない物音が聞こえる場面がある」

と、奇妙な要素も見受けられると専らの評判。

単なるトリックなのか、はたまた「ただならぬ何か」が存在するのか、

疑問の声は尽きない……。

第五作目は?

4月15日に投稿された5作目。タイトルは「買い物」。

相変わらず、脆くて壊れそうな、どこか不穏な雰囲気を放っている動画である。

ともかく見てください!

スポンサーリンク

反響は?

何か哀愁が漂い、儚げな雰囲気の幼い少女という、

これまでにバーチャルYoutuberとしてはあまりなかった方向のキャラクターが

人気を集めているのです。

また、提供されている情報が、非常に断片的で謎が含むこと、

最初の投稿から2週間以上も感覚を開けたため、

「新手のSCPによる認識災害説」

「誘拐された少女のホームビデオ説」

「亡くなった少女の家族が生前の映像を投稿している説」

「多動症の女の子」

「ストックホルム症候群」

情報をほとんど提示しないというスタイルが逆にファンの想像を掻き立て、

そうして拡散された都市伝説的な考察が新たな話題を生み出すという、

これまでにない展開を見せている。

結果として、様々な解釈や考察が繰り広げられる様相は

既存のバーチャルYouTuberにはない独自の盛り上がりを見せており、

活動開始から間も無いにもかかわらずTwitter上には数多くのファンアートが投稿され、

独特の魅力で着実にファンの数を増やしつつある

まとめ

いかがでしたか?

異色のバーチャルYoutuberが現れました。

独特の魅力、不思議な動画で着実にファンを引き付けております。

目が離せません!!!

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。