Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラファエル(YouTuber)が「世界一儲かる投資」が波紋を呼ぶ!をチェック!

YouTuber

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。
 
 

200万人以上のチャンネル登録者を抱える人気YouTuber、ラファエルさんのある動画が

波紋を呼んでいる。

「成上りたきゃ見ろ!利回り80%超え!?世界一儲かる投資の現場に潜入」と題した動画は、

11月29日の公開以降、再生数が35万回を超える。

コメント欄には「これは凄い」「勉強になる」といった感想の一方、「怪しい」「信じられない」

など信憑性を疑う声も多数寄せられている。

ラファエルさんの情報葉以下にいあります。

⇒ラファエル(Youtuber)のWiki風プロフと家、車、時計をチェック!

早速、その内容と視聴者が注意すべき点などをまとめてみた。

スポンサーリンク

ラファエロさんの動画の内容は?

ラファエロさんの動画は「最も利回りの良い投資」として、埼玉・所沢で行われている

水耕栽培の現場を紹介する30分弱のものです。

ラファエルさんは冒頭で、次のように語っている。

「いまやってる投資類全部やめて、こっちに入れたいってぐらいですね」

「本当に冗談抜きで、見た後絶対、この投資やると思う! 絶対、俺自信あるんで」

顔にモザイクがかかった状態で動画に登場する「技術者」だという男性によれば、

投資の利回りは葉物野菜で10.2%、高麗人参などの機能性野菜で42%。

「2年半とかでペイできちゃうんですか? 不動産投資もやってるんですけど、

そんなものより全然良いですよね」と相槌を打つラファエルさん。

スポンサーリンク

高利回りの理由は?

◆ 「通常の農業より4倍のスピードで収穫出来る」

◆ 「特殊技術により、本来100日かかる所を25日で完成するので、利回りが早くなる」

◆ 「水耕栽培は通常、蛍光灯を6本から8本必要とされているが 3本でも育てれる技術が施されているのもコスト削減の理由」

販売ルートは?

◆ 「(高麗人参の場合)国内で3社、国外で3社。国内は大手製薬メーカー、

   海外はサプリメントメーカー。月に20トンのオーダーを頂いている」

スポンサーリンク

動画の「不明な点」は?

甘利にも鮮やかに説明されているのですが、「不明な手点」もあるのです。田上弁護士に聞いた。

 

① 高利回りの理由

「非常に高い利回りをうたっていますが、動画からは投資のスキームも、高い利回りをあげられる理由も不明です」

『通常の4倍のスピードで収穫できる』『蛍光灯の数が半分で済む』といっておりますが、なぜ葉物野菜10.2%、高麗人参42%といった利回りを実現できるのかが説明されておりません?

② 補助金の詳細は?

投資人数・投資金額に比例して補助金額が増えるとは考えづらいです。

「国の補助金にも限度があり、普通は投資する人が増えれば増えるほど、一人あたりの補助金分のリターンは減るのではないでしょうか。」

したがって、補助金がついた場合に利回りが84%になる仕組みがよくわからないのです。

 

③ リスクは?

動画では、地震や落雷があっても保険があるので大丈夫だという結論になっていました。

「しかし、たとえば野菜の値段が下がった場合にはどうなるのか。そもそも投資をする人が増えれば野菜の供給が増え、野菜が増えれば値段は下がるはずです」

「値段が下がった時にどのように高い利回りを継続するのか、動画だけではわかりません」

 

④ 何故法人化しないのか?

「現時点で会社として登記していないそうですが、いまだに法人化していない理由も、

法人化していない企業が大手製薬会社やサプリメント企業と取引できる理由もよくわかりません」

 

⑤ 銀行から借りない理由は?

「通常、高い利回りの投資には高いリスクが伴います。

仮にリスクが低く、利回りが高い事業があるとしたら、銀行やベンチャーキャピタルが放って

おくはずがありません」

「銀行などから低利で資金調達できるはずなのに、なぜ一般公開して資金を集めるのでしょうか?」

スポンサーリンク

投資は、あくまでも自己責任で!

◆「もし投資を検討している人がいたら、本当に特許を持っているのか、実際に高麗人参などを栽培しているのかどうかなどについて、業者に質問した方が良いと思います」

◆「動画では大手製薬メーカーと取引があるような説明もありましたが、どこのメーカーなのかなど具体的に尋ねてみてはいかがでしょうか」

◆「ラファエルさんの言葉を鵜呑みにして信じるのではなく、上記のような不明点を業者にきちんと問い合わせたうえで、自己責任で判断すべきです」

まとめ

いかがでしたか?

投資家も以下のように解説しております。

・「特許の詳細、受注先はホームページ公開の際に掲載致します」
・「出資法に抵触致しますので元本保証はございません」

ホームページは12月中旬に公開予定だといいますので、待つことにいたしましょう!

果たして、この情報は今後どのような展開を見せるか?目が離せません!

情報が入り次第追記します。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。